SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桜花爛漫 ~The Way I Walk~

静岡の旅行会社「千代田タクシー 観光事業部」小澤卓也のブログです。

桜花爛漫

千代田タクシー観光事業部ブログ

静岡発 貸切タクシーツアー(1泊2日 伊豆下田温泉)

タクシーツアーは日帰りだけではありません。宿泊のご旅行をお受けすることも可能です。今回は伊豆の下田温泉コースのご案内です。最後に料金のご案内もありますので、ご検討ください。

9:30 静岡市内出発

少しゆっくりとした静岡の出発です。今回は西伊豆の土肥で昼食の手配をしていたので、それに合わせての静岡出発でした。

11:30 土肥「磯料理まると」にて刺身定食のランチ

f:id:apocket:20170425234002j:plain

新鮮なお刺身をいただくことができます。1人に1つ船盛りも付いているんです。

詳しくは「西伊豆土肥「磯料理まると」で刺身定食のランチ」で…。

13:20 西伊豆町東福寺(漆喰の五百羅漢)に到着

f:id:apocket:20170417231716j:plain

西伊豆町の南に松崎町がありまして、松崎町は長八美術館やなまこ壁など漆喰で有名な町ですが、ここ西伊豆町にも漆喰の作品が見られるんです。ちなみに作者は入江長八ではありません。

詳しくは「漆喰の五百羅漢が見られる西伊豆町の東福寺」で…

13:50 梅月園にて松崎名物「さくら葉餅」をお土産に…

f:id:apocket:20170426172121j:plain

伊豆の松崎那珂川沿いにある梅月園さんに立ち寄りをして松崎名物の「さくら葉餅」を購入しました。

この川沿いにはソメイヨシノが植えられていて、4月上旬は楽しいドライブができます。また、道路を挟んだ田んぼは4月中旬からGWくらいにかけて一面のお花畑になるんです。それを眺めながらのショッピングです。

この松崎産の桜葉は全国的でもブランド的な扱いを受けていて、老舗和菓子屋で使用されている桜の葉の70%が松崎産だと言われています。

その桜葉を使用した「さくら葉餅」が特に人気の商品です。

f:id:apocket:20170426172427j:plain

これはあんこが入ったお餅が2枚の桜葉に挟まれています。桜葉は塩漬けになっていますので適度な塩味が。これがあんこの甘味と絶妙に絡み合うんです。

6個入りの箱が人気ですが、その場で食べる場合にはバラ売りもありますので、ぜひ食べてみてください。

15:00 下田温泉に到着

f:id:apocket:20170426172932j:plain

途中の道の駅でトイレ休憩を済ませて早めの宿入りとなりました。今回の宿泊は下田温泉の「黒船ホテル」です。

f:id:apocket:20170407204306j:plain

露天風呂からは下田湾を一望できます。お風呂に行くためには必ず階段を経由しますので、バリアフリーに少し難ありですが、かつての老舗ホテルですので、その雰囲気を感じることはできると思います。

f:id:apocket:20170407204136j:plain

夕食も個室を用意していただいて、ゆっくりと2時間お食事させていただきました。

温泉は1泊するなら3回は入った方がいいって言いますからね。ふやけるまで下田の温泉を楽しみます。

2日目 10:00 下田温泉出発

翌朝はゆっくりと朝は10時の出発です。これもツアーではなく貸切だからできることですね。逆に観光をしたい場合には、早めの出発も可能です。

10:45 伊豆オレンヂセンター到着

f:id:apocket:20170408214626j:plain

こちらは1杯飲むと3年長生きと言われる「ウルトラ生ジュース」です。こちらを飲むことによって併設の踊り子美術館も無料で鑑賞できます。

詳しくは「オレンヂセンターの「ウルトラ生ジュース」を飲んで3年長生き?」で…

12:00 茶屋宿花吹雪で桜にちなんだランチ

f:id:apocket:20170413173800j:plain

時間に余裕があったので、伊豆高原の「桜のトンネル」を通り抜けしてランチタイムは伊豆高原の隠れ宿「茶屋宿花吹雪」にて桜にちなんだランチをいただきます。

詳しくは「伊豆高原「茶屋宿花吹雪」でお洒落ランチ」で…。

食後は特に観光せずに静岡に戻ることになりました。

15:00 伊豆村の駅に到着

f:id:apocket:20170426174556j:plain

伊豆に来ると干物が買いたくなりますよね。でもインター付近のお店を覗くとちょっと高い…。ひょっとしたら近所のスーパーの方がお得な場合がほとんどです。

そんな中、こちらの「伊豆村の駅」は干物などの水産系のお土産はもちろん、洋菓子系の「たまごや」や地元農家さんの直売コーナーが人気で、駐車場のナンバーを見ても地元車もチラホラと見受けられます。これはいいお店の証拠です。

f:id:apocket:20170426174911j:plain

夕方くらいになるとタイムセールが行われたりもするので、伊豆に観光でお出かけした場合はおすすめの立ち寄りスポットです。ゆっくりと買物を楽しみました。

16:45 静岡市内に到着

今回は伊豆でゆっくりするのがテーマで観光を少なくするコースでした。伊豆は見どころが豊富にありますので、もっと目いっぱい観光を楽しむこともできます。

 

気になる旅行代金は…?

9人の場合…290,000円(1人32,222円)

8人の場合…269,000円(1人33,625円)

7人の場合…248,000円(1人35,429円)

6人の場合…227,000円(1人37,833円)

上記の旅行代金にはジャンボタクシー、宿泊代(黒船ホテル)、1日目昼食(磯料理まると 刺身定食)、2日目昼食(茶屋宿花吹雪 乙女桜膳)、ウルトラ生ジュース、拝観料(東福寺)、旅行保険、乗務員経費

 

お問い合わせは…

千代田タクシー

〒420-0801 静岡市葵区東千代田3丁目8-1

☎054-297-5234 📠054-264-4690

 

広告を非表示にする